円からフィリピン・ペソへの両替をどうするか

ボラカイにも、ちゃんと銀行・両替所があります。とはいえ、レートはかなり悪いので、できればマニラやセブなどで両替しておきたいもの。

マニラやセブには経由するだけで、滞在しない場合は、マニラの国際線の空港、あるいは国内線の空港内にある銀行・両替所で日本円やドルを両替することができます。

マニラとセブを比較すると、マニラの空港での方がレートが良いです。さらに、マニラの国際空港と国内線ターミナルとでは、国内線ターミナルの方がレートが良いようです。

両替する時は、5ペソ、10ペソといった小銭を混ぜてもらうのがコツです。

ボラカイでの両替所

ボラカイ島にも幾つかある両替所。中でも、一番、レートが良いと言われているのは、ボートステーション3近くにある両替所です。

でも、やっぱりマニラやセブでペソに両替しておきたいところですね!

クレジットカード

ボラカイ島にある観光局では、クレジットカードのキャッシングが可能です。

また、ディー・モール内にあるATMにも、クレジットカードが使えるATMがあります。国際キャッシュカードはメトロ・バンクでのみ使えます。

チップについて

ボラカイ関係の情報を調べてみると、判で押したように「荷物をポーターに頼んだとき、一個につき10ペソのチップ」と書かれています。

チップとは、本来、本人が「ありがたい」と思った時に払うものです。あくまで「感謝の意」を表すもの。必ず払わなければいけない、というワケではありません。

とはいえ、物事には相場というものがあります。そして、その相場から外れるとのは、ちょっとルール違反。というわけで、やっぱり10ペソあたりに落ち着きます。

例えば、レストランの料理が美味しかった!と思えば、お釣りの小銭を残しておくぐらいで大丈夫です。美味しくなかった場合は? チップは任意なので、本人の自由意志でいいでしょう。